もしも海外ETFだけで資産運用するとしたら

スポンサーリンク



海外ETFだけでポートフォリオを作ってみるよ!

パターン1 S&P500に全力投資

バンガード S&P500ETF VOOに100%投資

ベンチマーク S&P500

経費率 0.05%

配当スケジュール 四半期毎

S&P500指数は米国主要業種を代表する500銘柄です。

敗者のゲームで有名なチャールズ・エリスはこちらを推奨しています。

売買手数料が最安になることと、

機関投資家は様々な銘柄を売買するけれど、いつも成功するとは限らない。

結果として機関投資家は市場平均にアンダーパフォームするというデータから、

S&P500(市場平均)を運用しようということ。これなら市場平均には負けない。

パターン2 S&P500に90% 残りの10%は米国短期債

「オマハの賢人」ウォーレン・バフェットが妻への相続の信託で指示した方針

それもバンガード社を推奨しています。

VOO 90%

米国トータル債券としたらBND10%

又は米国短期債券にするならBSVでしょうか?

バフェットさんの人生で最高の投資は妻への指輪だそうです。

(最初の妻スージーさんに先立たれたため再婚し、2回婚約指輪を購入している)

1位2位は妻への指輪。3位は今でも住んでいる自宅だそうです。

カッコイィー!

パターン3 貧弱一般人が推奨する海外ETF

もしもETFだけで投資するなら、

市場平均にはやっぱり追随したいので

VTIまたはVOOに50%投資します。

残りの50%については

VCR10%

VDC10%

VGT10%

VHT10%

VIG10%

というような感じにします。

ポートフォリオはやはり米国株式100%ですね。

バフェット太郎さんのように均等配分して

最も成績の悪いETFに投資するとかいいんじゃないかなー。

 

もしくはVTI50% VUG50%にします。

10年間の平均リターンは

VTIが7.05%

VUGが8.12%のリターンを上げています。


過去5年の平均リターン

VTI 11.00%

VOO 11.54%

VUG 12.10%

VCR 15.99%

VDC 15.17%

VGT 12.61%

VHT 17.14%

VIG 10.31%

ちなみにVTの5年平均リターンは5.54%です

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。