東芝が売却目指す日米韓連合ってなんじゃらホイ

スポンサーリンク



どうもMateです。

東芝が東芝メモリ事業を日米間連合に売却…

あ、「日米連合」に売却の最終合意を目指すと発表がありました。

この「日米韓連合」って何なの?と疑問に思ったので調べてみよう。


日米韓連合とは

産経新聞によると

日米韓連合は半導体技術の海外流出を懸念する経済産業省が主導してまとめた。

買収のための特別目的会社(SPC)

だそうです。海外流出防止が目的なのに韓国が連合に入っていることがもう既にお笑い草なんですが。

SPCは経済産業省が主導、つまり政府も絡んでる組織ですね

中身は米国の投資ファンドや産業革新機構、日本政策投資銀行、三菱UFJ銀行、韓国のSKハイニックスです混ぜるな危険

投資ファンドや銀行がまともに半導体事業を運用出来るわけが無いので

実質ハイニックスが技術独占する形に私は見えます単に経営権が分散されてるだけでね

これで本当に技術流出防止出来るの?


一方、ウエスタンデジタル(WD)はそもそも売却に反対

売却差止めのためにカリフォルニアで裁判していて、その判断が7月中旬だそうなので

どうみても次回株式総会の6月28日には間に合わないです。

そもそも東芝は何回も決算出せなくてとっくに上場廃止になってもおかしくないんですが。

売却資金が無ければ債務超過で上場廃止だそうで。

あ、そうですか、経済産業省のお墨付きがあれば上場廃止にはならないんですね、すごーい。

なんかこれ色々おかしくない?


BloombergによるとWDは改たな譲歩を出してきたようです。

事情に詳しい関係者によると、

ミリガンCEOは米投資ファンド、革新機構、日本政策投資銀行、WDの4社連合としての買収案を提示。

この中で

①WDの出資は転換社債とする

②従来案より買収価格を引き上げる

③買収資金は来年3月までに払い込むーーなどの案を伝えた。経営権の取得は断念したもようだ。

お分かりいただけただろうか?

WDの譲歩案にはSKハイニックスは入っていないことに…

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。