究極のドルコスト平均投資法 SBI証券で毎日積立が可能に

スポンサーリンク



SBI証券が投資信託の積立投資についてサービス拡充を行いました。
従来は毎月特定日を選択し発注するという内容でしたが、
サービス拡充後は5コースとなりました。

  1. 毎日コース
  2. 毎週コース
  3. 毎月コース
  4. 隔月コース
  5. 複数日コース

毎日コース

営業日であれば毎日買い付けが可能
具体的には土日祝日を除く、月~金毎日積立投資が可能になりました

毎週コース

毎週、特定の曜日を選択し、投資が可能となりました
例:毎月月曜日に100円積立投資

毎月コース

従来の投資方法です。
毎月特定日を選択し、積立投資を行います
例:毎月10日に100円投資

隔月コース

2ヶ月に1回、特定日に積立投資を行います。
例:1月10日に100円積立投資
→3月10日に100円積立投資→5月10日に100円積立投資
AとBの2ファンドで偶数月はAファンド、奇数月はBファンドに投資をしたいなどに使えそうですね

複数日コース

毎月、任意で選んだ日毎に積立投資を行います
カレンダー形式で積立したい日を選択します。
例:毎月5日と15日と25日に100円積立投資

 

NISA枠ぎりぎり注文

他にもNISA枠ぎりぎり注文と課税枠シフト注文という仕組みが発表されました。
従来SBI証券では残りNISA投資可能金額を超えた場合は発注不可でしたが
今後はNISA投資可能金額を超える場合には
NISA投資枠を使い切る金額で積立するように発注を行うという方法が可能となります
例:残りNISA枠が3万円、積立投資を5万円設定
→3万円NISA枠として積立投資。超えた分は発注しない。

課税枠シフト注文

上記の「NISA枠ぎりぎり注文」では、超過分の積立分について発注しない方法ですが、
こちらの課税枠シフト注文では、超過分の積立分を特定口座での積立が可能となるサービスです
(一般預かりにすることも可能です)
例:残りNISA枠が3万円、積立投資を5万円設定
→3万円NISA枠として積立投資、超過分の2万円は特定口座で積立投資

スポンサーリンク