共済の定期医療保険比較

こくみん共済
県民共済
コープ共済の3つで比較していきます

加入~60歳までの保障内容

共済
コース名
保障期間 月額 入院保障 通院保障 手術保障 先進医療 割戻率
こくみん共済
医療安心タイプ
満60歳
移行後満75歳
2,300円 日額
6,000円
日額
2,000円
6万円 最高600万円 21.7%
(2016年)
県民共済
(都民共済)
入院保障2型
満65歳
移行後満85歳
(60歳~65歳は保障金額減額)
2,000円 日額
10,000円
日額
1,500円
2.5万円・5万円・
10万円
最高150万円 33.85%
(過去5年平均値)
コープ共済
《たすけあい》医療コース
満65歳
移行後満85歳
2,000円
(V2000円コース)
日額
5,000円
日額
1,500円
2万円・
4万円・
8万円
なし
別途月額+100円で最高1000万円
20.1%
(2016年)

30歳から60歳まで加入した場合の金額比較

コース名 満期 月額
年額
30年間
割戻率
割戻金
総額
こくみん共済
医療安心タイプ
満60歳 2,300円
27,600円
828,000円
割戻率21.7%
割戻金179,676円
648,324円
(+172,044円)
県民共済(都民共済)
入院保障2型
満65歳 2,000円
24,000円
720,000円
割戻率33.85%
割戻金243,720円
476,280円
コープ共済
たすけあい医療コース
満60歳 2,000円
24,000円
720,000円
割戻率20.1%
割戻金144,720円
575,280円
(+99,000円)

共済定期保険ランキング

県民共済>コープ共済>こくみん共済

県民共済が無い地域(住所・勤務先どちらも)はそもそも加入出来ないため、コープ共済またはこくみん共済
→山梨県、福井県、鳥取県、徳島県、愛媛県、高知県、佐賀県、沖縄県

60歳~移行コース

共済 コース 保障期間 月額 入院保障 通院保障 手術保障 先進医療
こくみん共済 医療安心60歳移行タイプ 60歳~65歳 2,300円 日額3,000円 なし 6万円 最高300万円
こくみん共済 医療安心65歳移行タイプ 65歳~70歳 2300円 日額2,000円 なし 6万円 最高300万円
県民共済
(都民共済)
入院保障2型 60歳~65歳 2,000円 日額7,500円 日額1,500円 1万円・
2万円・
4万円
最高75万円
県民共済
(都民共済)
熟年入院2型 65歳~70歳 2,000円 日額5,000円 なし 1万円・
2万円・
4万円
最高75万円
県民共済
(都民共済)
熟年入院2型 70歳~80歳 2,000円 日額3,500円 なし 1万円・
2万円・
4万円
最高75万円
県民共済
(都民共済)
熟年入院2型 80歳~85歳 2,000円 日額2,000円 なし なし なし
コープ共済 プラチナ85 65歳~85歳
健康状態にかかわらず移行可能
2,000円 女性日額
3,000円
男性日額
2,000円
なし なし
特約で2万円
女性別途月額+600円
男性別途月額+800円
 なし
コープ共済 《あいぷらす》ゴールド85 3型 65歳~85歳
健康状態にかかわらず移行可能
女性3,483円
男性5,808円
(死亡保障が60万円付いてるので高い)
日額3,000円 なし なし
特約で2万円
女性別途月額+600円
男性別途月額+800円
 なし
コープ共済  《ずっとあい》終身医療 一生涯
一定の条件を満たせば移行可能
女性2,636円
男性3,524円
日額2,000円 なし 2万円・
4万円・
8万円
 なし

満期日以降は移行タイプへ延長も可能だが保障が少なくなることに注意
老後も変わらず保障希望であれば最初から民間保険に加入した方が安上がり。
民間医療に定年後から加入しようと思っていても
何か持病を持っていたりした場合には加入出来ない場合がありますし、
そもそも加入出来たとしても60歳から入る保険は月額料金が高額です

移行タイプに加入するなら無保険で貯蓄で対応するのも手ですね。
加入していてもそんなに保障はされない。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  

スポンサーリンク