簡単に出来る個別株のリターン・リスクの計算方法(JT・2914の配当再投資シミュレーション)




JT(2914・日本たばこ産業)が配当利回り5%と話題になっていたので、
配当再投資した場合のシミュレーションとリスク・リターンの計算方法を記載します。

JTの3/8現在株価は3,000円
配当利回りは5.00%です。

JTは1単元が3,000円×100なので、購入価格は30万円。
税引前配当利回りは5.00%なので、年15000円。
所得税20.315%により3,047円引かれるので税引き後年11,952円になります。
月換算だと996円になります。

JTのリターン・リスク表

JTの配当再投資シミュレーション結果

シミュレーションはMUFGのつみたてシミュレーターを使わせていただきました。
統計学上、68.3%の確率で±1σの範囲内に収まり、99.5%の確率で±2σの範囲内に収まります。

想定リターンと想定リスクを計算した表から入力。
初期投資額は1単元の30万円を入力。
毎月の積立額は税引き後の配当利回りが996円だったので月1000円つみたて。
まず元本が30万+月1000円を5年分で36万円です。
累積積立額は390,067円なので、5年間で約+30000円です。
5%の税引き前配当利回りが年15,000円なので、1年間あたり+2%といったところですかね。

リターン・リスクの計算方法

完成図

基準価格

基準価格についてはヤフーファイナンスの時系列データから特定の日を選びます。
例)2018年3月1日→2017年3月1日→2016年3月1日・・・
もしくは月間にして2018年3月→2017年3月→2016年3月と続けてもOKです。
数字については終値の数字で入力していきます。
これで基準日と基準価格は入力完了です。

毎年のリターンの計算方法

表の都合上、A49を一番左上のセルとして説明します。
セルC53に =B53/B52-1 を入力して下のセルに引っ張って数式をコピペします。
これで毎年のリターンは計算されます。
毎年のリターンの列で、セルの書式設定はパーセンテージ(少数点2桁)に設定します。
リターンとリスクのセルもパーセンテージのセルの書式設定にします、基準価格の列は数値のセルの書式設定でも大丈夫です。

リターンの計算方法

セルB50に =POWER(B62/B52,1/10)-1 を入力します
基準価格(株価)を元に計算します。

=POWER(B62/B52,1/10)-1の部分の1/10は最初の年から10年間分ということなので、
毎年のリターンが2年分しかない場合には1/2にしてください。

リスクの計算方法

セルC50に =STDEVP(C53:C62) を入力します。

以上で表が完成したと思います。
リスクとリターンを求められたら、MUFGのつみたてシミュレーターなどで計算してみてください。

初めてブログっぽい記事書いたMateでした。

※参考にさせて頂いたサイトです。
ほったらかし投資の達人 3分でわかる!リターンとリスクの計算方法 〜エクセルで計算編〜

 

スポンサーリンク