2018年4月に標準生命表が改定!影響は?

スポンサーリンク


2018年4月に標準生命表が改定されます。
以前に改定されたのは2007年なので11年振りの改定となります。

2018年標準生命表の改定点


(引用元:公益社団法人 日本アクチュアリー会 標準生命表2018

2018標準生命表の生保標準生命表(死亡保険用)では、
35歳男性で2007年は0.00105だったのが2018年では0.00077になりました。
これは平均寿命が延びたということになります。
男性ではおおむね2~3割程度、死亡率が減っています。

保険料への影響

終身保険に関しては保険者は長生きするようになるので、保険料率は下がる傾向にあります。
しかし、医療保険やガン保険に関しては、値上げする傾向にあります。
高齢になれば病気にかかる人が多くなるためです。
また、予定利率の引き上げも合わせて行うため、保険商品によって値上げの可能性もあります。

オリックス生命では今回の4月の改定を受けて、
終身保険のRISEや定期保険のファインセーブでは値下げすることを公表しました。
また、医療保険の新キュア・新キュアレディでは改定を行わないと公表しました。

(引用元:オリックス生命 ニュースリリース 2018年2月13日保険料の改定について~)

年齢や性別毎にそれぞれ値上げ、値下げが混在しています。

加入者への影響は?

保険料改定について影響を受けるのは
新規加入者のため、改定が行われる2018年4月より前に保険に加入している方は対象外です。
ただし定期保険などの満期を迎え更新する方には影響があります。
加入している保険と比べて今後どうするか【ほけんのFP】などの保険ショップで
ファイナンシャルプランナーへ相談された方が良いかもしれませんね。



※記事内容の利用・実施に関しては、ご自身の責任のもとご判断ください。
※掲載している情報は、記事公開時点での商品・法令・税制等に基づいて作成したものであり、将来、商品内容や法令、税制等が変更される可能性があります。また個別の保険商品の内容については各商品の約款等をご確認ください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ