バンガードETFが信託報酬を0.01%引き下げ!




どうもMateです。

バンガード・ジャパンよりバンガードETFと米国籍の投資信託の経費率引き下げが発表されました。

2018年バンガードETF®・米国籍投資信託の経費率改定のお知らせ

改定後の経費率

ティッカー名称改定後の経費率改定前の経費率
VBバンガード・スモールキャップETF0.05%0.06%
VOバンガード・米国ミッドキャップETF0.05%0.06%
VTVバンガード・米国バリューETF0.05%0.06%
VUGバンガード・米国グロースETF0.05%0.06%
VVバンガード・米国ラージキャップETF0.05%0.06%
VTSMXバンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド0.14%0.15%
NAESXバンガード・スモール・キャップ・インデックス・ファンド0.17%0.18%
VTバンガード・トータル・ワールド・ストックETF0.10%0.11%
BNDXバンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり)0.11%0.12%
VTIPバンガード・米国短期インフレ連動債ETF0.06%0.07%

今回発表された経費率の引き下げ率は全て0.01%下がっています。

2018年4月25日にはバンガードETF5本が経費率0.1%引き下げられました。
対象はVB,VO,VTV,VUG,VVの5本です。こちらは0.06%から0.05%になりました。
VTは2018年2月28日から0.11%から0.10%の経費率となっています。

日本でバンガード直販の可能性も?!

Bloombergによると、日本でバンガードが直販を検討していると報道されました。

米バンガード、日本でファンド直販を検討-提携にも引き続き門戸開く

  • 「低コストの考え方の普及を後押し」-日本部門のキム社長
  • 直販実現なら戦略に変化-従来はセゾン投信など通じファンド販売

世界2位の資産運用会社バンガード・グループが、日本の個人投資家向けに投資信託の直接販売を検討している。

具体的な話がいつ出てくるのか楽しみですね。

日本の銀行窓口で販売されているような手数料だけ取られておしまいみたいな投資信託より
バンガード直販の投資信託の方がまず間違いなく良い商品が出てきそうだし、是非実現して欲しいです。

コスト面では低コストのインデックス投信としてはeMAXIS Slimが独壇場みたいな感じだけど
バンガード直販の投資信託はどういう商品を出してくるのか楽しみです。
競合商品となるようなファンドについては調べているでしょうし。
先進国株式とか日本株式という資産クラスではなくて、バンガードETFに準拠した投資信託になるのかな?

スポンサーリンク