【ドコモ編】スマホが壊れてしまった時の手続き方法

スポンサーリンク



もし今使っているスマートフォンが壊れてしまったらどうしたら良いか

手続き方法や料金について確認してみたいと思います。

基本的に2014年冬モデル以降の端末を想定しています。

選択方法 サポート加入有り サポート加入無し 注意事項
修理 上限5000円 実費修理 希望があれば見積もり連絡可能。

データ消える。

交換 年2回まで

各7500円

受付不可 新品では無い。

リフレッシュ品送付。

旧電話機返送無かった場合には40000円の違約金請求

機種変更 2年未満の場合月額サポート無くなる 2年未満の場合月額サポート無くなる 場合により月額分割料金が2重にかかる。

携帯が壊れてしまったら

ドコモでは

  1. 修理(上限5000円)
  2. 交換(1年に2回まで、各7500円)
  3. 機種変更

この3つの提案をしています。

保守サービス(ケータイ補償サービス・ケータイ補償お届けサービス)

に加入していない場合には修理(実費負担)か機種変更かどちらかになります。

iPhoneに関しては修理の場合はAppleが対応します。

交換の場合はケータイ補償サービス for iPhoneに入っていればドコモで手続き出来ます。

修理の申し込み方法

ドコモショップへ来店し修理受付する方法と、

電話またはインターネットで修理受付する方法があります。

インターネットで修理受付する場合は、

ログイン後、機種や症状の記載をします。

修理品の受取は自宅など選べますが、

代替機を借りる場合にはドコモショップの受取のみになります。

代替機が必要であれば申し込めば1-2日で自宅に届きます。

※もし代替機を壊してしまったら最大で37000円の請求があります

ここで修理の概算が表示されるのでOKであれば申し込みましょう。

見積もり額については予想される最高額で提示されるようです。

実際の修理金額は修理終わってからのお楽しみです。

サポートに電話で聞いてみたところ

「事前に見積が予想される最高額でお見積の了承を頂くので、見積額の連絡は一切無い」

という回答でした。

(サポートの方の案内が間違っている可能性もありますが…。)

結果、保守サービスに入っていない場合には高額のお見積の結果となる可能性もあるので、

機種変更のほうがお得になることも多いです。

保守サービス未加入の場合にはドコモショップに来店して相談されると良いですね。

見積もりについて連絡を希望すれば出来るらしいので、

見積もり連絡を希望する場合にはショップ担当者へ申し出ましょう。

見積もり確定後連絡が届き、10日以内に修理回答をすることとなります。

10日以内に返答が無かった場合はキャンセルとして戻ることになります。

修理について

ドコモでは全損・水濡れに関しては修理不可能であるため、

店頭で水濡れ・全損と判定した場合には修理受付不可と伝えられます。

(水濡れ反応シールが反応しているかどうかを見ます)

受付されてもメーカー修理拠点で全損・水濡れの判定があった場合には

「修理不可」で戻されます。

また修理に出すとデータは全て消されるので、

データのバックアップ(SDカードやクラウド)は

ユーザー自身で行う必要があります。

修理金額について

ケータイ補償サービスに加入している場合には

上限5000円(税抜)で修理可能です。

メーカー保証については購入1年以内かつ自然故障に限ります。

ただし電池交換は上限金額とは別に支払いが必要になります。

修理申し込み時に電池も修理希望されるか選べます。

希望して無くてもメーカーが修理する必要があれば修理されます。


保守サポートに加入していない場合には全額実費負担となります。

部分修理は出来ないため、

例えばケースが削れていて、画面も割れていた場合、

ユーザーは画面だけ修理希望など要望があっても、

破損箇所は全て修理する必要があるので、ケースも画面も修理対象となります。

その分請求金額がかかる

まぁメーカーも1日何百台も壊れている携帯がどんどん送られる中で、

どの携帯のこの部分だけ修理してもらう、なんて細かい指示は受付出来ないでしょうしね。

交換について

ケータイ補償サービスによる

交換電話機のお届けというサービスになります。

交換電話機とはリフレッシュ品になります。

リフレッシュ品とは新品ではなく、

ユーザーから回収した端末に修理を行い、

外側カバーの交換・品質の確認をしたものになります。

簡単に言ってしまえばユーザーから回収した端末を修理した端末です。

1年間に2回まで利用可能です。

料金については1回目、2回目共に、7500円の負担金が発生します。

原則、同一機種・同一カラーの送付となるので、

色だけ違うのを送付したり、

すぐに壊れたからといって別の機種を送付することは出来ません。

在庫が無い場合は別の機種の提案となります。

また、送付した端末がそもそも動作不具合品であった場合、

ドコモに届いた端末を返送し、

返送した端末にやはり不具合があると認められれば

再度別のリフレッシュ品が送付されます。

※不具合により再度送付となった場合には年2回の交換回数には含まれません

また、交換品が故障して修理に出す場合には

購入3年以内であれば無償修理となります。

購入3年経過している場合には届いてから6ヶ月以内であれば無償修理となります。

ドコモ規約

その他、具体的な手続きに関してはドコモのHPやお店で確認をお願いします。

ドコモ 故障・修理について

スポンサーリンク



コメントを残す